四国・香川の風土が育てた丹念に育て上げられた讃岐三畜

このページの先頭です。

讃岐三畜NEWS

  

「オリーブ牛」が食肉通信に掲載されました!

新着情報掲載中
「オリーブ牛」発表会を開催
健康志向にマッチ
讃岐三畜銘柄化推進協議会が
オリーブ牛発表会
※写真をクリックすると拡大表示できます。
讃岐牛フェア
※写真をクリックすると拡大表示できます。
[ 2011年04月05日掲載 ]

「讃岐牛フェア」が掲載されました!

新着情報掲載中
オリーブ牛の魅力PR
※写真をクリックすると拡大表示できます。

オリーブ牛の魅力PR/サンポート高松でフェア
 今年から香川県内の消費者向けに販売が始まる「オリーブ牛」をPRする「讃岐牛フェア」(讃岐三畜銘柄化推進協議会主催)が26日、香川県高松市サンポートのサンポート高松デックスガレリアなどで始まった。来場者は試食やクイズなどのイベントを通じ、讃岐牛の新ブランドの魅力を体感した。27日まで。
 オリーブ牛は、香川県内で肥育した黒毛和牛のうち出荷前の2カ月間以上、オリーブの搾りかすを毎日100グラム与えた牛。2011年度は300頭の出荷を予定している。
 会場には、オリーブ牛のステーキやばら肉の販売コーナーのほか、讃岐牛、讃岐夢豚、讃岐コーチンの讃岐三畜を使った加工品などを市価より2割程度安価で取り扱うブースがずらり。オリーブ牛の試食コーナーでは「普通の和牛より、グルタミン酸などのうまみ成分が5割程度多い」との担当者の説明に、来場者がうなずきながら味わっていた。
 母親らと訪れた玉木遥ちゃん(9)=さぬき中央小3年=は「やわらかくておいしい。また食べたい」と話していた。 2011/03/27(四国新聞社)
http://news.shikoku-np.co.jp/kagawa/locality/201103/20110326000367.htm
読売新聞
※写真をクリックすると拡大表示できます。

「オリーブ牛 甘くおいしい」
オリーブ牛のサイコロステーキを試食する子ども(サンポート高松で)  オリーブの搾りかすを与えた「オリーブ牛」をPRする「讃岐牛フェア」が26日、高松市のサンポート高松で始まった。会場には試食や販売のコーナーが設けられ、多くの親子連れらでにぎわった。27日も午前10時から午後4時に開催される。入場無料。
 オリーブ牛は、讃岐牛に出荷前に2か月以上オリーブの搾りかすを餌に混ぜて育てた牛で、小豆島の畜産農家が5年前から手がけている。軟らかくさっぱりとした肉質で、昨年初めて島内や関西に出荷。その後、県内の他地域でも飼育が始まり、4月から県内での販売が本格化する。
 フェアは、本格販売を前に、県内の消費者に味を知ってもらおうと県などでつくる協議会が企画。試食コーナーには計約20キロのサイコロステーキや焼き肉などが用意され、親子連れらが次々とほおばっていた。高松市高松町の岡本裕介さん(30)は「肉に少しオリーブの苦みがあるかと思っていたが、あまくて軟らかく、おいしい」と話していた。(2011年3月27日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagawa/news/20110326-OYT8T00881.htm?from=topics_p_osaka

RNC
※写真をクリックすると拡大表示できます。

香川の新ブランド「オリーブ牛」
(香川県)サンポート高松で「讃岐牛フェア」が始まり、オリーブ牛が会場で人気。オリーブ牛は、オリーブの搾りかすを食べさせた讃岐牛で、うまみと柔らかさが売り物。香川の新ブランドとして期待されている。来月から県内のスーパーなど小売店で販売される。[ 3/26 16:22 西日本放送]
NHK
※写真をクリックすると拡大表示できます。

オリーブ牛をPR
 小豆島特産のオリーブの搾りかすをえさに混ぜた「オリーブ牛」をPRするイベントが高松市で開かれています。
このイベントは、「オリーブ牛」の販売が本格的に始まるのを前に香川県と農協などでつくる協議会が企画したもので、食肉加工販売会社などを中心に24の団体がブースを設けて市価よりも1割から2割ほど安く販売しています。
「オリーブ牛」はこれまで小豆島だけで飼育されていましたが、今後は、高松市やさぬき市などで300頭を目標に飼育され、本格的に販売されます。
肉が軟らかく、食べた後味がさっぱりしているのが特長だということで、会場には、試食コーナーも設けられ、訪れた人たちがオリーブオイルで焼いた肉をおいしそうに食べていました。
香川県畜産課の十川政典課長は「栄養もあるのでぜひたくさん食べてほしい」と話していました。
このイベントはあすも午前10時から開かれます。03月26日13時19分[NHK高松放送局]

農業新聞
※写真をクリックすると拡大表示できます。

「オリーブ牛」いかが 特産へフェア好評(4/3日本農業新聞)
讃岐三畜銘柄化推進協議会
[ 2011年03月28日掲載 ]

「オリーブ牛発表会」が掲載されました!

新着情報掲載中
県畜産の新たな目玉に/オリーブ牛発表会(四国新聞社)
※写真をクリックすると拡大表示できます。

2011/03/26 県畜産の新たな目玉に/オリーブ牛発表会(四国新聞社)
 今年から香川県内消費者向けの販売が始まる「オリーブ牛」の発表会(県、讃岐三畜銘柄化推進協議会主催)が25日、高松市内のホテルで開かれた。オリーブ牛の紹介や試食などがあり、生産者や飲食業者など約160人が新ブランドの味や肉質を確かめた。
 オリーブ牛は県内で肥育した黒毛和牛「讃岐牛」のうち出荷前の2カ月間以上、オリーブの搾りかすを毎日100グラム与えた牛。これまでは小豆島のみで生産していたが、1月から県内全域に拡大し、年間300頭が出荷される予定。
 発表会では、オリーブ牛は一般的な和牛に比べ、グルタミン酸などのうまみ成分が約1・5倍高いことなどを紹介。浜田恵造香川県知事は「軟らかくうまみ成分が多い。畜産の新しい目玉としてブランド力の向上を期待している」と話した。
 試食は刺身やロースト、しゃぶしゃぶなど10種類を用意。高松市内のイタリア料理店のオーナーシェフは「脂っこさが少なく肉質もいい。オリーブの香りも期待できるので、カルパッチョなどの料理で使ってみたい」と話していた。
 26、27の両日は高松市のサンポート高松で一般向けの「讃岐牛フェア」を開催。時間は午前10時~午後4時で、試食販売や料理セミナー、畜産クイズなどが行われる。
http://news.shikoku-np.co.jp/kagawa/economy/201103/20110326000132.htm

香川経済レポート社
※写真をクリックすると拡大表示できます。

オリーブ牛の発表会(香川経済レポート社)
 今春から発売される「オリーブ牛」の発表会が、本日高松市のホテルニューフロンティアで
開催された。香川県、讃岐三畜銘柄化推進協議会の主催。
 オリーブ牛とは、県木であるオリーブの搾り果実を与えて育てた県産黒毛和牛のこと。
 発表会には香川県観光協会 梅原会長、香川県調理師会 松久会長ら来賓のほか、畜産関係者、
食肉流通業者、観光業者など160名あまりが出席。試食をおこない“美味さ”を実感していた。
 また26日・27日はサンポート高松でオリーブ牛発表記念のフェアが展開される。販売と試食、
パネルディスカッション、セミナー、畜産クイズ、抽選会などが予定されている。2011/03/25
http://www2.kk-report.com/

KSBスーパーJチャンネル
※写真をクリックすると拡大表示できます。

KSBスーパーJチャンネル


毎日新聞
※写真をクリックすると拡大表示できます。

オリーブ牛:おいしい 県内食肉流通業者ら、高松で試食会/香川(毎日新聞社)
 小豆島発祥のブランド牛をPRする「オリーブ牛発表会」(県など主催)が、高松市内のホテルであり、県内の食肉流通業者や飲食業者ら約160人が参加した。
 オリーブ牛とは、小豆島産オリーブの実の搾りかすを飼料に育てられた黒毛和牛。オリーブには抗酸化作用のあるポリフェノールや、うまみ成分が多く含まれる。肉質の分析をする「日本認証サービス」(横浜市)によると、オリーブ牛に含まれるうまみ成分(グルタミン酸)は通常の和牛の1・5倍という。
 小豆島だけで生産されていたが、1月から県内全域の30の農家で生産が始まり、3月18日には初競りがあった。今年度は約300頭を県内のみで出荷する予定。2年後には約600頭、3年後には約1000頭と生産量を増やし、県外への出荷を目指す。
 脂がしつこくないためどんな料理にも合うといい、試食会では、ヒレ肉のパン包み焼きやバラ肉の赤ワイン煮など10品が出された。参加者は味を確かめていた。【鈴木理之】
http://mainichi.jp/area/kagawa/news/20110401ddlk37020723000c.html
[ 2011年03月28日掲載 ]

空から日本を見てみよう 瀬戸内海の島々アンコールSP

新着情報掲載中

※写真をクリックすると拡大表示できます。
空から日本を見てみよう、瀬戸内海の島々アンコールSP(テレビ東京)にオリーブ牛が放送されました!
[ 2011年03月26日掲載 ]

オリーブ牛発表記念!讃岐牛フェアのご案内

新着情報掲載中
 先行して昨年から発売されていた「小豆島オリーブ牛」に続き、小豆島以外の県内地域でもオリーブを給与した「オリーブ牛」の生産が始まり、3月25日に発表会をします。
オリーブ牛
※写真をクリックすると拡大表示できます。

 これを記念して、県民の皆様に「オリーブ牛」を知ってもらうため、「オリーブ牛発表記念・讃岐牛フェア」を開催します。「オリーブ牛」はもちろん、「讃岐三畜」や、県産畜産物の試食・販売のほか、野菜ソムリエを招いてのパネルディスカッションや、丸亀町食プロジェクトの出張喫茶、讃岐三畜や県産食材を使ったレストコーナー、お肉の○×クイズ大会、お楽しみ抽選会など楽しいイベントが盛りだくさん!ぜひ、ご来場ください!
【日時】平成23年3月26日(土)10:00~16:00
           27日(日)10:00~16:00
【場所】サンポート高松 展示場、デックスガレリア、コミュニケーションプラザ
(高松市サンポート)
【内容】「小豆島オリーブ牛」、「オリーブ牛」、「讃岐三畜」や県産農畜産物、加工品の試食・販売
【詳細】別添ちらし
【問合せ先】香川県畜産課 TEL 087-832-3427
[ 2011年03月18日掲載 ]
  

△このページの先頭へ