瀬戸内の気候が育てたオリーブ。かがわの風土が育てた黒毛和牛。

このページの先頭です。

オリーブ牛 TOPICS

  

「オリーブ牛」のPR資材の紹介

オリーブ牛ポスター
※写真をクリックすると拡大表示できます。

オリーブ牛ポスター

オリーブ牛POP
※写真をクリックすると拡大表示できます。

オリーブ牛POP

オリーブ牛シール
※写真をクリックすると拡大表示できます。

オリーブ牛シール
[ 2011年03月15日掲載 ]

25日にオリーブ牛発表会/県議会一般質問

25日にオリーブ牛発表会/県議会一般質問
※写真をクリックすると拡大表示できます。
25日にオリーブ牛発表会/県議会一般質問
2011/03/12 09:25
2月定例香川県議会は11日、本会議を再開。7氏が一般質問に立ち、産学官連携による新産業創出や新中央病院の海上アクセスなどに関して理事者側の考えをただした。オリーブの搾りかすを食べさせて育てた「オリーブ牛」の生産振興に関して、浜田知事は知名度向上などに向け、25日に発表会を開催することを表明。再犯率が高い性犯罪の防止策について、小島県警本部長は再犯リスクが特に高い前歴者に対し、「4月からは原則、本人に接触する方法などで、これまで以上の防止対策を講ずる」と述べた。
[ 2011年03月12日掲載 ]

オリーブ育ち銘柄牛振興(香川県)日本農業新聞(2011.2.10)

オリーブ育ち銘柄牛振興(香川県)日本農業新聞(2011.2.10)
※写真をクリックすると拡大表示できます。
オリーブ育ち銘柄牛振興(香川県)
 日本農業新聞(2011.12.10)
来年度300頭に拡大!!
[ 2011年02月10日掲載 ]

オリーブ牛の生産拡大へ/繁殖用雌牛購入・県農協 | 香川のニュース | 四国新聞社

オリーブ牛の生産拡大へ/繁殖用雌牛購入・県農協 | 香川のニュース | 四国新聞社
※写真をクリックすると拡大表示できます。
オリーブ牛の生産拡大へ/繁殖用雌牛購入・県農協
2011/02/10 09:30
 香川県産の讃岐牛のうち、オリーブを飼料に肥育した「オリーブ牛」の生産拡大に向け、香川県農協は9日、優良な子牛を確保する目的で繁殖用の雌牛33頭を鹿児島県から購入、香川県内の畜産農家に引き渡した。
 雌牛購入は、讃岐牛のブランド力向上を進める県の事業の一環。県は買い手となった農家に対し、購入費の2分の1(上限40万円)を助成する。事業費は1200万円。
 オリーブ牛は、県内で育てた黒毛和牛「讃岐牛」のうち、出荷前の2カ月以上オリーブの搾りかすを一定量与えた牛。これまで小豆島で試験的に肥育していたが、1月から県内全域に拡大した。
 県畜産課によると、購入した雌牛は全国有数の種雄牛「安福久(やすふくひさ)」の子で、生後9~11カ月、体重は約300キロ。価格は1頭115万6千円~50万8千円。オリーブ牛として育てる子牛を産むのが役目で、順調にいけば約2カ月後に種付けを行い、来年2月ごろに最初の出産を迎えるという。
 この日、綾川町の県家畜市場では買い手を決める抽選会があり、38戸の農家が参加。骨盤の大きさや性格などを確認し、気に入った子牛の抽選に臨んだ。
 2番目に高値が付いた雌牛を購入した高松市の渡辺隆司さん(75)は「次世代の讃岐牛のブランド作りがわれわれの使命。消費者に認められるよう頑張って育てたい」と話していた。
[ 2011年02月10日掲載 ]

オリーブ牛を増産/県、ハマチに続き売り出す | 香川のニュース | 四国新聞社

オリーブ牛を増産
※写真をクリックすると拡大表示できます。
オリーブ牛を増産/県、ハマチに続き売り出す
2011/01/30 09:57
県産牛のブランド力をアップさせようと、香川県は特産物のオリーブを飼料に肥育した「オリーブ牛」の生産拡大に本格的に乗り出した。これまでは小豆島のみで肥育していたが、今月から県内全域の農家約30戸で生産を開始。増産に向け、順次県外から雌雄牛を購入し、オリーブハマチに続くオリーブの付加価値を付けた県の特産品として売り出す方針だ。

 讃岐三畜の一つである讃岐牛は肉質が好評な一方、特徴がなく、神戸牛や松阪牛などの有名ブランドに比べると同品質でも販売価格が低い。出荷量が減少する中、付加価値の高い「オリーブ牛」として県外牛との差別化を図り売り込もうと計画した。
 オリーブ牛は、県内で肥育した高品質の黒毛和牛「讃岐牛」のうち、出荷前の2カ月以上オリーブの搾りかすを一定量与えることが条件。オリーブに含まれる成分で、肉が柔らかく変色しにくくなるなどの効果が期待できるといい、県の技術支援などを受けながら土庄町の農家が約3年間かけて肥育し、昨年初めて出荷した。
 県では本格的な増産に向け、2010年度一般会計補正予算に雌雄牛の購入費やPR費など3千万円を計上。飼料となるオリーブの搾りかすは約2千キロを確保しており、来年度は300頭を目標に生産する。
 さらに生産頭数を増やすため年度内に約30頭の雌牛、来年度に種牛1頭を県外から購入し、県畜産試験場や県内農家で肥育。オリーブが肉質の向上に与える効果などを検証する試験研究と並行しながら生産を拡大する。
 3月にはオリーブ牛の普及イベントも高松市内で開催予定。県畜産課は「オリーブが健康に良いイメージも定着し、消費も期待できる。将来的に讃岐牛すべてをオリーブ牛として売り出せるよう、PRも強化していきたい」と話している。
[ 2011年01月30日掲載 ]
  

△このページの先頭へ